2012年04月17日

お買い得!!amzonで買えるバカ安モバイルブースター比較&まとめ

初めまして。今のスマートフォン等のガジェットの一番の問題と言えば電池持ちですよね。
ガラケーと違って通信量も使用頻度も必然的に多くなるので、同じ感覚で使っていると常に電池残量を気にして使わなくてはいけません。


今回紹介するのはそんな悩みから解放してガンガンガジェットを使える様にしてくれる便利グッズ。最近ヤケに安くなってきて、非常にお買い得なモバイルブースターの比較を行ってみたいと思います。


・モバイルブースターって?

簡単に言えばスマートフォンやモバイル機器用の外付けの充電器です。家で充電しておき一緒に持ち歩いて、スマフォの電池残量が少なくなってきたらケーブルを繋いでスマホに充電することが出来ます。


かつてのガラケー全盛期時代から存在していましたが、より電池使用量の多いスマートフォンへの給電を行うためには、モバブーも大容量のものが必要になってきます。
ガラケー用なら1000~2000mAもあれば十分ですが、スマフォやwifiルーター、タブレットまで給電するとなると最低でも3500mAから10000mAぐらいは必要になってきます。パナソニックのeneloopなんかが大容量モバブーの先駆けで、一番有名かもしれません。





・最近どんどん出てきたバカ安モバブー

モバイルブースターは基本的に容量が大きければ大きいほど価格が高くなります。
一昔前(と言っても半年ほど前ですが)までの製品の容量と価格のバランスは5000mA前後で5000円前後と言ったところでした。上で紹介したパナソニックのeneloopもその頃と比べると少し値下がりしておりお得なんですが、最近、更に容量は大きく値段は安いというとんでもないモバブー達が出てきています。


まずはこの商品



なんと9000mAで3600円。安すぎます。ちなみに9000mAが具体的にどれぐらいの容量かというと、普通のスマートフォンなら空の状態からフルまで四回以上充電できる容量です。5000mA程度のモバブーでは複数台のスマホやタブレットの充電となると少し心もとないですが、このサイズなら安心。価格と超大容量のバランスが素晴らしい一品です。





次はこれ





価格は少し上がりますがなんと10000mA超え。ここまであると一泊二泊程度ならコンセントから完全に隔離されたアウトドアの様な環境でも平気でしょう。これだけの容量があっても上のpower iよりも重量が軽いというのもウリです。私の知人にヘビーなガジェオタが居るのですが、彼にこのリンクを見せたところ迷わずポチりました。複数台ガジェットを持ち歩いている人やタブレットも持っている方には非常にオススメの一品です。





そこまで容量が必要じゃない、とにかく安くモバブーを運用したいと言う方はこれ




5000mAとeneloopと同等の十分な容量を確保していながら2000円を切る破格。重さも上の二つの商品と比較して220gと半分程度なので、荷物がつい多くなりがちな女性にも嬉しいですね。モバブーは常に持ち歩くものなのであまり重いと肩凝りや疲れの原因となってしまいますからね。






やっぱりどれだけ安くても中韓製はちょっと、、と言う方にはこれ




お馴染みeneloopです。なぜか単体で買うよりもこのウェストウォーマーつきで買う方が少し安く買えます。容量は前モデルなので4000mAですがスマフォ一台だけの運用であれば必要十分な容量です。eneloopは私も以前使っていましたがシンプルなデザインとボタン一つだけのシンプルな操作が素敵でした。モバブーは毎日充放電を繰り返す製品なので、万が一の事を考えて日本製を選ぶというのも十分アリな選択肢だと思います。







ちなみに私自身は一年ほど前に直販で買ったpes8800と言う製品を、タブレット一台・スマフォ二台・wifiルーター一台の充電に使っています。8800mAを使い切るなんて事はまずなく、確実なスライド式スイッチの操作も非常に気に入っているのですが、私が買った当時一万円以上したシロモノです、、。これから格安で上記モバブーを買える方々が非常に羨ましい限りです、、。



posted by 伊藤チョッパー武蔵 at 22:11 | Comment(0) | ガジェット周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。