2012年05月12日

非破壊自炊に新たな武器登場か?サンワサプライからハンディスキャナ、400-SCN012購入考察


書籍の自炊代行業者が東京地裁の一審判決を受けて事実上事業撤退というニュースが先日流れていましたが、その流れを受けていっそのこと自分自身で書籍のデジタル化をしてしまおうと考えている人も多いでしょう。
タブレットで一度電子書籍体験をしてしまうと、もう紙の本には戻れませんよね。

かく言う私も常にscansnapやDR-C125の価格変動を毎日追い続け買い時を狙っている一人です。
発売当初よりは結構値下がりしていますが、、もう一声!といったところでしょうか。



Canon imageFORMULA DR-C125 A4対応 CISセンサー 給紙枚数30枚 重送軽減リタードローラー採用 Uターン排紙省スペース設計モデル
Canon imageFORMULA DR-C125 A4対応 CISセンサー 給紙枚数30枚 重送軽減リタードローラー採用 Uターン排紙省スペース設計モデル



FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A
FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A







非破壊自炊

スキャン速度や手間の面から言うと、書籍の背表紙をカットして専用スキャナーにより自動で読み取る裁断自炊は理想的な手段です。
しかし一方で、本を裁断してしまわなければいけないというのに抵抗がある方もまだまだ多いですよね?
また、借りた本や資料となると裁断してしまう訳にも行きません。
そこで、昨年末あたりからこれまでの裁断自炊に変わる「非破壊自炊」が注目を浴びています。





非破壊自炊には基本的に画素数の高いカメラを使う方法と、自炊専用スキャナーが出る前から行われていたフラッドベッドスキャナーを用いる方法があります。
前者はiphoneやandroid端末単体でも可能で、その為のJucieFlipScannerといったアプリも出ています。
ただ、カメラ方式は画質が、フラッドヘッドスキャナー方式は速度と手間が掛かるというデメリットがあります。
裁断自炊であると文字をPDF上で文字データとして認識させるOCR処理も可能なので、現状ではやはり裁断自炊が一番ベターな選択肢となっている感があります。

・・・


ちなみにカメラ撮影方式による非破壊自炊用にはこんな専用スキャナーも発売されていますが、付属カメラの画素数が200万と低い割に価格がなかなか高く、評判はあまり芳しく無い様です。


サンワダイレクト スタンドスキャナー USB書画カメラ 200万画素 LEDライト付 400-CMS012
サンワダイレクト スタンドスキャナー USB書画カメラ 200万画素 LEDライト付 400-CMS012








ハンディスキャナ

そんな中、先日サンワサプライから新たな商品が発売された模様。
商品はこちら。

ハンディスキャナ A4 iPad 自炊対応 OCR機能 ハンディスキャナー ブルー 400-SCN012BL
ハンディスキャナ A4 iPad 自炊対応 OCR機能 ハンディスキャナー ブラック 400-SCN012BK



手持ちのハンディタイプのスキャナです。
家庭用のFAXなんかについてるハンディスキャナを小型化したような感じですね。
こいつの特徴は、scansnapなんかの裁断スキャナと同じでOCR読み取り機能が付いていること。
つまりPDFやJPG形式で読み込んだ画像データの文字を、ワードやテキストに文字データとして出力することも可能です。
PDF形式で読み込んだ資料の中身を単語検索したりすることも出来そうなので本格的な自炊にも対応出来そうです。




色は黒と青の二色。青はなかなか可愛らしいので女性にもいいんじゃないでしょうか。
あと、お値段がかなり手頃ですね。
メーカーHPに動画があったのですが、本当にこのスピードで読み取り可能ならば本をまるまる一冊自炊するといった本格的な使い方にも対応出来るかもしれません。




気になるところを挙げるとすれば、本体のみでの連続読み取り枚数上限が説明書では100枚となっている事から、本をまるまる一冊自炊するなどヘビーに使用する場合に電源をUSBパスパワーで供給出来るのかどうかという点ですね。
しかし友人や図書館から借りた本や資料の気になるところだけをサッと保存しておく、あるいは毎日の仕事の紙の資料をOCR化してデジタルデータとしてPCに保存しておくと言った使い方ならば、一気に100枚読み取りが出来れば十分でしょう。
持ち運べる大きさ、軽さであるというのは大学図書館などで頻繁に閲覧すると言う方なんかには素敵かもしれません。










ちなみに、、

私は現在はホームセンターで買ったアクリル板二枚とタブレットのカメラを使って写真スキャンで電子書籍化しています。
200ページ程度の本で15〜20分程度の作業時間といったところでしょうか。
もう少し手間が掛からなければな…。
早く裁断機とDC-R125が欲しい!






余談になりますが、スタンドに立てかけたタブレットで電子書籍を読むのに慣れすぎると紙の本を手で保持して読むのが非常に億劫になってきます。
なので私は、
マルチアングルスタンド 10インチタブレット・スレートPC用
こんなタイプのいつも使ってるタブレットスタンドに




IMG_20120512_032405.jpg
こんな感じで紙の本も立てかけて読んでます。



結構使えるんですよ。これが。







posted by 伊藤チョッパー武蔵 at 03:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。