2012年05月15日

防災・アウトドアに。米軍制式採用のソーラーチャージャーがなかなか使えそう

先日の放射線量計測器の記事を書いてから少し防災について考える時間が増えています。


そんな中で日課のショッピングサイト巡りをしていると、有事の際にとても役立ちそうな商品を見つけました。


パワーフィルム PowerFilm 「AA SOLAR CHARGER」(ソーラー・チャージャー)

パワーフィルム PowerFilm 「AA SOLAR CHARGER」(ソーラー・チャージャー)



米軍が制式採用しているソーラーチャージャー+エネループのセットです。


ソーラーチャージャーと言うと充電力や信頼性に欠けるイメージがどうしても払拭出来ないでいたのですが、これは実際に米軍がキャンプの際にテントに貼り付けて充電を行うといった使い方もされている様です。
世界最強の軍隊が制式採用している、軽量・実用的で信頼性の高いソーラーチャージャーです。







今の時代、平時でも情報はとても重要な意味を持ちますが、災害時となると情報は正に自身の命を左右するものとなります。
そんな中で最低限の通信機器の電源を確保することは、デマに流されず客観的に自分の状況を把握するのに重要な要素でないかと。
昨年の東日本大災害の様に、災害の映像をひたすら流すだけで何の役にも立たないゴシップに成り下がったテレビというメディアとは裏腹に、twitterなどのSNSでは被災地の人の役に立つ情報が飛び交っていたという状況も今後十分考えられます。
幸い、避難所にたどり着く事が出来れば各携帯キャリアが移動無線基地局を設置してwifiによる通信も可能になっていたとの報道も目にしました。
そんな状況であれば、自前で通信機器の電源を確保出来る状況であるのとないのとでは次の行動へ迅速に移れるか否かという点において大きな差が生まれてくるでしょう。







幸い何があっても太陽は毎日12時間差してくれるのが地球のありがたいところです。
曇天であっても十分な充電力を発揮してくれるとの点も非常にこの商品は心強いです。
通信機器の電源以外にも勿論使えますから自身の防災グッズに一つ備えておこうと考えています。







アウトドアやレジャーの際にも非常に役立つでしょうね。
考えられる使い方としては、バイクツーリングの移動中に携帯やエネループを充電する、日の照っている間に夜釣り用のライトの電源を確保する、トレッキングなんかでも電池を充電しておけば何日もの山篭りに大量の電池を持っていかずに済みますね。
山篭りなんてやったことはないですが、、。





また、エネループが付属してくるそうですが、こちらの単三タイプのエネループも相性が良いようです。
電池使用中の予備充電用として活用すると屋外で電源で困るという事はなさそうです。
バックパックに貼り付けておけば通勤中にスマートフォンの充電をするなんて荒業も、出来るかな?

SANYO eneloop USB出力付ハンディ電源(単3形2個セット) KBC-D1BS
三洋電機 (2010-10-21)
売り上げランキング: 290


【アウトドア用品の最新記事】
posted by 伊藤チョッパー武蔵 at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。